Bリーグ 2018-19 の元NBA選手

元NBA選手

NBAの公式戦でプレーした選手のみを元NBA選手としています(ドラフトされただけ、サマーリーグでプレーしただけ、プレシーズンキャンプ在籍、Dリーグ(現Gリーグ)でプレー、NBAチームに所属のみで未デビューはカウントしていません)

括弧内の数字はNBAでプレーした試合数です(NBAでは記録はRSだけのものを言うのが通常のようです)が、プレーオフも知りたいので左がRS、右がプレーオフの出場数です。

2018-19 / B1の元NBA選手

田臥勇太(4 / 0) – 栃木
トレイ・ジョーンズ(1 / 0)- 千葉
ジャワッド・ウィリアムズ(90 / 3) – A東京
アレックス・カーク(5 / 0) – A東京
ロバート・サクレ(189 / 2) – SR渋谷
ライアン・ケリー(163 / 0) – SR渋谷
ファジーカス ニック (26 / 0) – 川崎
バーノン・マクリン (23 / 0) – 川崎
シェーン・エドワーズ (2 / 0) – 川崎
アーサー・スティーブンソン (4 / 0) – 横浜
ジョシュ・チルドレス(391 / 7) – 三遠
桜木ジェイアール (30 / 0) – 三河
ジェームズ・サザランド(4 / 0) – 三河
グラント・ジェレット(8 / 0)- 三河
クレイグ・ブラッキンス(17 / 0) – 名古屋
ガニ・ラワル(1 / 0) – 滋賀
ジョシュ・ハレルソン (75 / 4) – 大阪
デクスター・ピットマン (50 / 3) – 福岡
ジェフ・エアーズ(237 / 38) – 琉球

※括弧内の左がレギュラーシーズン、右がプレーオフの出場数

B2
クリーアンソニー・アーリー(56 / 0)- 八王子

ユーロリーグ経験者

ここではユーロリーグでプレーした経験のある選手をリストアップしています(単にヨーロッパにあるリーグでプレーしたという意味でなく、ターキッシュエアラインズ・ユーロリーグでの出場歴をカウントしています)、括弧内の数字は試合数です。

2018-19 / B1の元ユーロリーグ経験者

ダビド・ドブラス(2) – 北海道
アレックス・カーク(16) – A東京
ミルコ・ビエリツァ(194) – A東京
ラモント・ハミルトン (16) – 新潟
ウィリアム・マクドナルド(45) – 三遠
ジョシュ・チルドレス(36) – 三遠
ジェームズ・サザランド(9) – 三河
クレイグ・ブラッキンス(10) – 名古屋
ディオール・フィッシャー(89) – 滋賀
ガニ・ラワル(35) – 滋賀
ジェフ・エアーズ(4) – 琉球

2018-19 / B1の各国代表経験者

マーク・トラソリーニ – 北海道 カナダ代表(’17)
デイビッド・ドブラス – 北海道 U16スペイン代表(’97)スペインB代表(’12)
カディーム・コールビー – 秋田 バハマ代表(’12 ’14 ’15 ’18)
ニカ・ウィリアムス – 秋田 セントビンセント・グレナディーン代表(’14 ’15)
トレイ・ジョーンズ – 千葉 アメリカ代表(’18)
ミルコ・ビエリツァ – A東京 モンテネグロ代表(’11 ’13 ’17 ’18)
ロバート・サクレ – SR渋谷 カナダ代表(’10 ’15)
ライアン・ケリー – SR渋谷 U18アメリカ代表(’08)
ファジーカス ニック – 川崎 U21アメリカ代表(’05)
レオ・ライオンズ – 富山 パンアメリカン・ゲームズ アメリカ代表(’11)
ケネディ・ミークス – 三河 アメリカ代表(’17)
ディオール・フィッシャー – 滋賀 イスラエル代表(’15)
ガニ・ラワル – 滋賀 ナイジェリア代表(’13)
ベンジャミン・ローソン – 福岡 U20イギリス代表(’14 ’15)U18イギリス代表(’13)

※日本代表は除きます

チャールズ・ガルシア – 横浜 ベリーズ代表(’18)

2018-19 / B2の各国代表経験者

ロスコ・アレン – 島根 ハンガリー代表(’17 ’18)
グレゴリー・エチュニケ – 島根 ベネズエラ代表(’09 ’11 ’12 ’16 ’17 ’18)
ジャマリ・トレイラー – 広島 ユニバ・アメリカ代表(’15)
ジョシュ・ドゥインカー – 熊本 オランダ代表(’13)
チリジ・ネパウエ – 熊本 南アフリカ共和国代表(’09)
スコット・モリソン – 熊本 カナダ代表(’09 候補?)

ジーノ・ポマーレ – 島根 パナマ代表(’15)

スペイン1部リーグACBの経験者

Bリーグの外国人選手の経歴で以前の所属チームの名前がズラッと並んでいる中に単にスペインと書いてあるものがありますが、スペイン1部なのか2部なのか3部なのかでかなり違います、中には4部リーグだった選手もスペインとだけ書いてあり、メディアでは「強豪スペインリーグでプレー経験のある誰々」といった紹介も出てきたりします。あくまで1部ACBでプレー経験のある選手をリストアップしました、括弧内の数字は試合数(スペインではRSとプレーオフをあわせた数値を言うのが一般的)です。

元ACB選手 2018-19 / B1

ダビド・ドブラス(332) – 北海道
ジャワッド・ウィリアムズ(19) – A東京
ミルコ・ビエリツァ(88) – A東京
ライアン・ケリー(34) – SR渋谷
ラモント・ハミルトン (64) – 新潟
ロバート・ドジャー (4) – 三遠
ウィリアム・マクドナルド(260) – 三遠
ディオール・フィッシャー(73) – 滋賀

※スペインリーグのレギュラーシーズンは34試合
(18チームによるH&A総当りのみなので)

チャールズ・ガルシア(15) – 横浜

元ACB選手 2018-19 / B2

ダニエル・ミラー (33) – 仙台
ウィル・ヘンリー (135) – 山形
ギャレット・スタツ(29) – FE名古屋
ロスコ・アレン(50) – 島根